000 解析ノウハウ.com
解析ノウハウ動画集の活用法

  • 解析ノウハウ.comはμ-EXCELのノウハウをまとめた短い動画集です、スマホで検索ご活用ください

024 サブスクサービス
μ-EXCELは、簡単・速い初期判定用解析ソフト

  • サブスクサービスでは、月額9,800円で様々なシリーズを使い放題、月単位のお申し込みでご利用できます

069 ワイブキーの更新
コンテキストファイルの作り方

  • ワイブキーの期限更新には、お手持ちのワイブキー情報が書かれたコンテキストファイルを送付ください

070 ワイブキーの更新
アップデートファイルで更新の仕方

  • ワイブキーの期限更新は、延長期限の書かれたアップデートファイルを読込んでください

121 電磁気シミュレーションの世界
電磁気の現象

  • 私たちの身の回りには電磁気の現象が多くあります、どんなものがあるか見て見ましょう

122 電磁気シミュレーションの世界
Maxwell方程式

  • 電磁気の現象を表現するMaxwell方程式って難しそうですね、どんなものか見て見ましょう

123 電磁気シミュレーションの世界
ベクトル演算

  • なかなか馴染めないベクトル演算ですが、少し整理してみました、まずは力を抜いて見て見ましょう

124 電磁気シミュレーションの世界
数値計算

  • 基礎方程式と言うのを決めて、平均法、差分法、有限要素法とか色んな方法で解くのが数値計算です

125 電磁気シミュレーションの世界
有限要素法

  • 有限要素法は複雑ですが、教科書で学習する際のポイントを押さえました、理解の一助として下さい

127電磁気シミュレーションの世界
モータ解析

  • EVやドローンなどモータ開発は益々盛んに、ミューテックでは今後モータ解析を充実させていく予定です

071 μ-EXCEL紹介
step0
はじめに(全体概要)

  • エクセル上で有限要素法の2次元または3次元軸対称の解析が、誰でも手軽に出来ます、始めましょう!

107 EXモータ特性版紹介
有限要素法でトルク定数を求め、静特性を算出

  • μ-EXCELのモータ特性版は、モータの静特性を算出します。モータの初期検討に有効なツールです

020 EX静磁場版の紹介

マグネトスパッタ解析

  • マグネトスパッタの解析、ターゲット上の磁場分布からエロ―ジョンを推定、体験版でも計算できます

101 EX熱伝導版の紹介

非定常熱伝導解析

  • 発熱体(ON/OFFの指定可)・冷却パイプ・外気との熱のやり取りを考慮した、非定常温度解析ができます

026 EX電磁力版の紹介
リレーやチャックの電磁力を計算

  • リレーやチャックのヨークに働く電磁力を計算、アーマチャなどヒンジ周りのトルクを計算します

019 EX誘導加熱版の紹介
高周波コイルによるワークの誘導加熱

  • 高周波コイルにより、ワークの表面に渦電流を発生させ、加熱します、コイルOFFも出来ます

025 EX静電場版の紹介
電極・誘電体・電荷で構成する電場分布

  • 金属ケース(グランド)内の、コンデンサと誘電体(Water)が作る電場分布とキャパシタンス

061 μ-E&Sの紹介
ベクトル磁気特性解析による鉄損解析ソフト

  • 他のソフトウエアでは実現出来ない、高精度な鉄損評解析を。ベクトル磁気特性解析で可能にします

062 μ-MRIの紹介
MRI磁気シールドルーム設計ソフト

  • 5GAUSSラインがルームから漏れないか確認のためのシミュレーションを、ご自分でやりませんか?

063 μ-TMの紹介
誘導加熱の磁場・温度解析ソフト

  • 複雑なコイルや移動を簡単にシミュレーション出来ます。3次元誘導加熱解析を身近なものにします

072 μ-EXCEL紹介
Step1
エクセルの開始

  • μ-EXCELはテーマごとのマクロで操作が簡単!入力データや出力結果はシートに格納されます

073 μ-EXCEL紹介
Step2
モデル作成

  • μ-EXCELのモデラーでは、ポイント・ライン・サーフェースを定義する事により、モデル形状を作ります

074 μ-EXCEL紹介
Step3
DXFインポート

  • DXFをインポートする事によりポイント・ラインを作成、モデル化作業時間を大幅に短縮できます

075 μ-EXCEL紹介
Step4
メッシュ作成

  • μ-EXCELの自動メッシャ―では、「メッシュ作成」ボタンを押すだけで、メッシュが作成出来ます

076 μ-EXCEL紹介
Step5
計算実行

  • μ-EXCELではサーフェース毎に材料特性を設定し、その他の条件もセルに設定し、計算実行します

077 μ-EXCEL紹介
Step6
材料追加

  • μ-EXCELには材料シートが用意されていて自由に追加出来ます、お客様の使用の材料を登録できます

078 μ-EXCEL紹介
Step7
結果表示

  • μ-EXCELの結果表示ツールでベクトル・等高線を表示、アニメーションも出力するシリーズもあります

079 μ-EXCEL紹介
Step8
グラフ作成

  • μ-EXCELには任意点の結果をセルに格納する機能がある為。エクセルの表計算、グラフ機能が使えます

080 μ-EXCEL紹介
Step9
名前付け保存

  • μ-EXCELでは入出力データが全てシートに格納されます、他のスタッフとの情報交換に便利です

084 インストール
インストールとアンインストール方法

  • インストーラ内のsetup.exeでインストール、ワイブキードライバーのインストールも必要です

001 ドーナッツ型のサーフェースはNG
切込み入れ2つに分ける

  • μ-EXCELでは、ドーナッツ型のサーフェースは定義できません、切込みを入れて2つに分けてください

005 サーフェース番号のNGパターン
番号付けを修正

  • μ-EXCELのモデラーでは、隣り合ったサーフェース順に番号付けしないとモデル保存が出来ません

088 DXFインポート
モデル化に不要なラインの削除

  • 図面用のDXFファイルをインポートした場合、解析に不要な寸法線や図面枠等のラインを消去して下さい

089 DXFインポート

モデル位置の修正

  • 図面用のDXFファイルをインポートした場合、図形の座標を解析に必要な位置に修正する必要があります

090 DXFインポート

ラインの分割修正

  • 図面用のDXFファイルでは、ポイント無でラインが交錯してる時があります、ラインを分割して下さい

091 DXFインポート

小さなフィレットの省略

  • DXFの小さなフィレットは出来るだけ省略して下さい、メッシュの品質を悪くする原因になります

092 DXFインポート

解析モデルへの展開

  • DXFの図形は対処物だけです、磁場解析では空間領域を作るなど、解析モデルへ展開して下さい

093 DXFインポート

ポイントのマージ

  • DXF図形ではポイントが共有されていない場合がある、インポート時にポイントをマージすると改善する場合がある

008 メッシュ 

アークの分割数指定

  • アークの分割数を指定して、品質の良いメッシュを作ったり、指定数の分割を制御します

007 メッシュの粗密指定
注目部分のメッシュを細かくするのが基本

  • 電磁力を求める場所や渦電流が流れる場所を細かくします、サーフェース毎に指定します

003 条件 

コイル電流の指定

  • コイル電流は電流密度で指定します、特に2次元解析では電流が±0にする必要があります

119 条件 

永久磁石の設定

  • 永久磁石では磁化方向と磁石材料を指定します、材料特性は減磁カーブをメーカカタログから登録します

157 境界条件 

静電場解析

  • 静電場解析の境界条件は、等電位線が直交、電場が平行、モデル化範囲を決めるときは境界条件の影響に注意!

033 EX熱伝導版
発熱・冷却・外気の条件設定

  • 発熱体の伝達率とは・冷却パイプの伝達率とは・外気との熱伝達率の考え方について解説します

015 EX熱伝導版
冷却パイプの流速の与え方

  • 冷却パイプの流速は伝達率で与えます、等価な伝達率の算出法について伝熱ハンドブックから整理しました

009 定常熱解析は熱容量を0にする
熱伝導版

  • 熱伝導版では非定常熱解析を行います。最終温度分布のみ知りたい場合は熱容量を0にして定常熱解析をします

130 EX静電場版

材料追加

  • 静電場解析で必要な材料特性は誘電率です、材料シートに新しい材料を追加して比誘電率を指定下さい

131 EX熱伝導版

材料追加

  • 熱伝導解析で必要な材料特性は熱伝導率と熱容量です、材料シートに新しい材料を追加して下さい

132 EX誘導加熱版

材料追加

  • 誘導加熱版ではBHカーブ・導電率・熱伝導率・熱容量、温度依存性も指定できます、材料シートに追加

120 磁束線の色と値は何?
結果の見方

  • 磁束線の色と値に意味はありません無視して下さい、でも磁束線は磁気現象を理解しやすくします

102 吸着力・トルク利用製品の解析あれこれ
電磁力版

  • ソレノイドやリレーなど、電磁石や磁石の吸着力を利用した代表的製品を電磁力版で解析してみました

142 キャパシタンスは求まるの?
静電場版

  • 静電場版では誘電体に蓄えられた電気エネルギーからキャパシタンスCを算出しています

081 μ-EXCEL紹介
Step10
表面磁束計算

  • μ-EXCELの着磁トルク版には、着磁解析と着磁した磁石の表面磁束を計算する機能があります

082 μ-EXCEL紹介
Step11
トルク計算

  • μ-EXCELの着磁トルク版では着磁した磁石を実装したモータのトルク計算をする機能があります。

108 ベクトル磁気特性解析と従来法(スカラ解析)の違い

  • 高効率モータ実現のためのベクトル磁気特性解析技術の解説。その背景・アルゴリズムからμ-E&Sまで

109 次世代モータ開発に向けて、その全体像をコラム紹介

  • 高効率モータ実現のために、ベクトル磁気特性解析技術の重要性をコラム的に情報発信しています

110 ベクトル磁気特性カーブを見てみよう(回転磁束と回転磁界)

  • 電磁鋼板の材料特性は従来はBHカーブ、多くの情報を持つベクトル磁気特性を実際に見てみます

111 電磁鋼板の解析結果を見てみよう(リング試料の回転磁束・磁界)

  • 無方向性電磁鋼板をリング状に打ち出したモデルで、ベクトル磁気特性解析結果を紹介します

112 電磁鋼板の違いで鉄損分布が変わるの?(50A470と35H440)

  • 2種類の無方向性電磁鋼板をリング状に打ち出したモデルで、磁束・磁界・鉄損結果を比較します

113 変圧器の鉄損分布を見てみよう(方向性電磁鋼板)

  • 方向性材料を使った変圧器モデルの結果を示します。トランスは三相三脚変圧器、方向性材を組合わせたモデルです

114 モータコアの鉄損分布を見てみよう(SPMモータ例)

  • このモデルは電気学会の回転機:調査専門委員会ベンチマーク問題の一つ、DCブラシレスモータです